名古屋大学医学部卒業後、国立名古屋病院(現名古屋医療センター)・名古屋大学医学部附属病院・豊橋市民病院・あいち小児保健医療総合センター等にて勤務し、臨床経験を積んで参りました。白内障・緑内障・飛蚊症などのいわゆる眼科診療に加え、全国的にも数少ない小児眼科専門医として、また涙道疾患についても診療を行なってきました。特に小児眼科分野については、当初は0歳だった小児患者さんが中学生になるなど、長年にわたって担当させていただいた患者様も多く、幼児期にどのような治療をすることが将来にとって幸いなのか、より良い治療を目指して研賛を積みました。

手術に関しては、主に外眼部(眼球の外側)の疾患を専門に行なってきました。まぶたの手術、斜視手術などを多く執刀し、直近3年間(平成25年~27年)の手術件数は、782件でした。また、流涙症・鼻涙管閉塞などに対するブジー・先天鼻涙管開放術・チューブ挿入などの外科的治療も、小児・成人を問わず担当してきました。

「身近なクリニックで、専門性を活かした医療を提供する」という医療法人柿原クリニックの理念のもと、一般的な眼科疾患から専門性の高い疾患の診断・治療まで、地域の皆さまに身近に提供してまいります。どうぞお気軽にご来院ください。

かきはら眼科クリニック 院長 柿原寛子

略歴

私立南山高等学校女子部卒業
名古屋大学医学部
Harvard大学医学部(アメリカ)交換留学(Boston Children's Hospital, Brigham and Women’s Hospital )
名古屋大学医学部卒業
国立名古屋病院(現名古屋医療センター)臨床研修
名古屋大学眼科教室入局 
あいち小児保健医療総合センター眼科
The Hospital for Sick Children(カナダ)短期研修
豊橋市民病院眼科
Birmingham Children's Hospital (イギリス)短期研修
あいち小児保健医療総合センター眼科医長
名古屋医療センター眼科





 

 

所属学会

日本眼科学会
日本小児眼科学会
日本弱視斜視学会
国際斜視学会 International Strabismological Association
日本涙道・涙液学会
ドライアイ研究会
日本眼科手術学会
日本神経眼科学会

 

資格・認定医

医師免許
日本眼科学会認定 眼科専門医
視覚障碍者補装具適合判定医師研修会終了
身体障害者福祉法第15条指定医(視覚障害)
難病指定医
小児慢性特定疾病指定医
日本小児眼科学会登録「小児眼科を専門とする医師」
日本弱視斜視学会登録「弱視・斜視を専門とする医師」
ボトックス講習会修了
オルソケラトロジー講習会修了(日本眼科学会指定)